COPEN

Brand & Fan Community Copen

Main Image

TOKYO AUTO SALON 2015 REPORT 2015.01.09 fri - 11 sun MAKUHARI MESSE

国内有数のカスタムブランドが腕によりをかけて製作したDRESS-FORMATIONのカスタムモデル達、
ダイハツからはCOPEN Robe S、第三のモデルを発表。
東京オートサロン2015のダイハツブースは、クルマのつくり手と共にCOPENオーナーやファンなど、
クルマ好きの皆様に大勢お集まりいただき、大盛況の3日間で幕を閉じました。

プレスブリーフィング -みんなでつくるCOPENオープンカーライフ-

骨格プラス外板樹脂構造がもたらす新しい価値と形、
DRESS-FORMATIONによるCOPENの可能性を。

COPEN Robeの発売から約半年。東京オートサロン2015では、COPEN RobeをベースにDRESS-FORMATIONした14台のCOPENを展示させていただきました。

骨格プラス樹脂外板構造のもたらす新しい価値と形、楽しみ方をご覧いただけたらと思います。DRESS-FORMATIONの展示に参画していただいたサードパーティの皆様には、骨格、意匠情報を我々から提供させていただき、それぞれのLove Localな想いで製作していただいています。

COPENの活動としては、全国の販売会社がお客様との絆をつくる取り組みも開始しています。昨年には約200台を超えるCOPENとオーナー、ファンの皆様に長野県阿智村にお集りいただいたPanorama Drive with Achimuraをはじめ、Love Local by COPENをテーマに地域ごとのイベントも始まっています。

COPENを本当に身近で楽しいクルマへ。また「クルマって本当に楽しいな」ということを再認識していただきたいという想いから、今後もローカルライフを基本にコミュニケーション、コミュニティづくりを進めてまいりたいと思います。

藤下さん 松居さん 壇上の様子

DRESS-FORMATION EXPERIENCE

トークセッションの様子

ダイハツブースで個性を放つカスタムモデルの数々。1台1台、つくり手の想いが込められています。

DRESS-FORMATION EXPERIENCEと題したトークセッションでは、ツナグ デザインの根津孝太さんを司会に迎え、カスタムモデルの製作者とチーフエンジニアの藤下が登壇し、DRESS-FORMATIONの可能性や製作における楽しさなどを来場者の皆様の前で発表しました。

copen xplay x D SPORT ストリート仕様 D-SPORT feat. PDC DESIGNWORKS

やまざきさん
やまざき たかゆき さん
PDC DESIGNWORKS プロダクトデザイナー

開発のコンセプトは、SMILE MAKE K CAR スマイルをつくる軽自動車です

軽自動車という枠の中で、軽自動車に見えないようなリッチな面表現や佇まいを表現しています。そして、こだわったポイントは、デザインをシンプルに、余白を残しているところです。

それぞれモデルカーを見てくれたお客さんが、俺ならこうする、私ならこうする、僕ならこうするという、そこから先の楽しみをあらかじめ用意しているところがシンプルにした理由です。

DRESS-FORMATIONで個人的に感じているのは、コスプレ感覚ということ。サーキットで走るのも、街をスタイリッシュに走るのも、形から入ると気が変わるみたいなところがあると思います。日常と非日常を切り替えるような感覚を楽しめるのが魅力だと思います。

D-SPORT ストリート仕様

COPEN Robe x TAMON DESIGN

僕の中では、本当にカロッツェリアの文化をつくれるんじゃないかと思うんです

このモデルは、半年間もの間、誰も部屋に入れない状況をつくり、引きこもり状態でつくりました。まず最初にイメージに浮かんだのが、ネオクラシックレーシング。ラフで紙にデザインを描いて、ホワイトボードに書きながらデザインを考えていきました。

今回はフェンダーにダクトをつくりましたが、ただ穴をあけるのではなく奥行をつくり、本当にエアーが抜けるようなデザインに。サイドのフェンダーのキャラクターは結構こだわってつくりました。

DRESS-FORMATIONはいろんな可能性があると思います。着せかえと聞くと軽い印象ですが僕の中では本当にカロッツェリアの文化をつくれるんじゃないかと思うんです。いろんなデザインの革命があると思うし、ルネサンス的な部分の要素も持っていると思うんです。

庄司さん
庄司 多門 さん
株式会社 TAMON DESIGN 代表取締役
TAMON DESIGN

COPEN x SANJO カーゴトレーラー&PROJECT G

長谷川さん
長谷川 直哉 さん
LOVE SANJOプロジェクトリーダー
株式会社マルト長谷川工作所 代表取締役

世界のどこに行っても恥じない品質、技術、職人魂を、COPENに乗せて一緒に走りたい

三条の産業を常に磨いていきたい、子供たちにもその背中を見せていきたい。この三条を想う気持ちと、ダイハツさんの提唱しているLove Localが見事に合致してLove Sanjoプロジェクトはスタートしました。

例えば、COPENに設置するカーゴトレーラー。スポーツカー、オープンカーでもアウトドアに行きたい。他にも、ゴルフやオートキャンプにも行けるし、タイヤやホイールを積載すればサーキットでも楽しめる。このカーゴトレーラーには、いろんな夢を詰め込むことができます。

また、家族でキャンプへ行く前日はみんなでワクワクすると思います。そんなシーンに新しいガレージライフをつくりたい。そういった想いでPROJECT Gを提案しています。お子さんがミニ四駆を作っている隣でお父さんがワクワクしながらDRESS-FORMATIONをするなど、家族のハッピーな時間を提供できればと考えています。

そして、これらアイテムの全ては、メイドイン三条のもので集めさせていただいています。いつしか全国のCOPENオーナーたちが三条ツーリングをされて、ハードと違ったソフトの部分にも感じていただければと思います。

カーゴトレーラー PROJECT G

COPEN Robe x SEICO

我々つくり手のメッセージをクルマに込めた、
最高のおもちゃだと思います

実は、ボディ色に千鳥格子を入れていまして、遊び心から千鳥格子にちなんで、車両に7つの青い鳥の柄をラッキーセブンという意味で入れています。

また、トランクトップはオープンカーの走りを楽しむために設計しました。ですが、この形状ではトランクが開けられないのでトランクトップのパネルを2種類用意しています。トランクの支柱やランプなど、配線を外さずになるべく手軽に交換できるよう配慮しています。

クルマの着せかえをファッション、ライフスタイルに合わせて色や形を変えられるDRESS-FORMATION。一部のマニアがやるものではなく、もっと手軽にカスタムできるようになりますね。いろんな個性のあるクルマが街にいっぱい溢れると、すごく楽しいと思います。

桧和田さん
桧和田 清登 さん
株式会社SEICO チーフデザイナー
二村さん
二村 孝 さん
株式会社SEICO
開発事業部設計グループマネージャー
車両

そして、また新しいプロジェクトが始まっちゃう
COPENは、そういう良さを持っているのかもしれない

ここに集まったみなさんに共通しているのは、本当に強い想いを持って、このプロジェクトに参加していることだと思います。また、つくり手とカスタムされた作品は、なんとなく似通っているというのも感じます。

今回、登壇したやまざきさん、庄司さん、長谷川さん、桧和田さん、二村さんだけでなく、カスタムするつくり手も、乗ってくださる人も、これから乗ってくれるかもしれない人も、みんな一緒になってCOPENを楽しくしていけたらと思います。

メーカーとお客様ではなくて「みんなでCOPENをやりましょう!」といったコミュニティが生まれると、一番楽しいんじゃないかと思います。

根津さん
根津 孝太 さん
有限会社 znug design

DRESS-FORMATIONに更なる拡張性を見出す、COPEN WORLD

DRESS-FORMATIONの更なる可能性と楽しみ方を拡大!三栄書房の自動車メディア4誌とタイアップして生まれた、特別仕様のショーモデルを展示。

  • COPEN XPLAY x D SPORT feat.PDC DESIGNWORKS
    COPEN XPLAY x D SPORT feat.PDC DESIGNWORKS 車両

    ストリート仕様をベースに、
    やまざき たかゆきさんが仕上げた、ワイドに変貌を遂げたモンスター。

  • COPEN XPLAY x D SPORT
    COPEN XPLAY x D SPORT 車両

    ダイハツのチューニングブランドが提案する、悪路走行をイメージしたオフロード仕様。

  • COPEN x Option with HKS
    COPEN x Option with HKS 車両

    コンセプトはチューニングカーらしさ、派手さ、激しさ。世界に名だたるチューニングブランドであるHKSとコラボし、そのタイムアタック用デモカーであり、オーストラリア・WTACで世界一となったGT1000+をモチーフに、走行会仕様として仕上げました。

  • COPEN x REV SPEED
    COPEN x REV SPEED 車両

    『Driving&Tuning』を標榜するレブスピードは、主にCOPENの走りのスポーツ性能を追求し、いかに自分の思い通りに(もしくは思い以上に)走れるか(=気持ちよさ)をテーマに、各部のチューニングを実施。
    ピュアスポーツ“風味”をキーワードに、「速さ」より「気持ちよさ」がモデファイのポイントとなります。

  • COPEN x K CAR SPECIAL
    COPEN x K CAR SPECIAL 車両

    エアロはケイブレイクのワゴンR用をニコイチし、ボルドワールド・エアサス&ジェーライン・リアアスクルによってローダウン。レオンハルトの最新作をリムかぶりで履くスタイルで、クラスを越えた高級感を演出。
    内装は、ブラック×ベージュのコーディネートでスポーティさも兼ね備えたインテリアに仕上げました。

  • COPEN x clicccar.com
    COPEN x clicccar.com 車両

    「D1グランプリ」に参戦する“ウエチン”こと上野高広さんが運営するT&EとクリッカーでCOPENをカスタマイズ。
    「女のコがゼッタイ助手席に乗りたくなるようなカッコよくてカワイイ車」をテーマに、ドライブにピッタリなCOPENを目指します。

オリジナルのCOPENもラインナップ

  • 丸目

    今年の年央に発売することを目指して開発中のCOPEN第三のモデル。COPEN Robeをベースにフロントとリアをアレンジ。

  • Robe S

    COPEN Robeにビルシュタイン製の足回りやレカロシートを搭載。スポーツカーとしてのパフォーマンスを実現したCOPEN。

  • XPLAY

    タフ&アグレッシブをテーマに、前後フェンダーと一体になった頑強な構造体がチューブ状のボディを力強く支えるCOPEN XPLAY。

Photos in TOKYO AUTO SALON 2015

  • ミニチュア展示
  • ミニチュア展示
  • ミニチュア展示
  • 出展者と来場者の触れあい
  • ダイハツスタッフと来場者の触れあい
  • パーツ展示
  • 開場風景
  • 開場風景
  • ツール
  • 車両
  • 車内
  • バック
TOKYO AUTO SALON 2015 ダイハツブース出店内容
COPEN.JP トップへ戻る