Brand & Fan Community Copen

Brand & Fan Community Copen

FIRST TEST DRIVE in HAKONE 2014.05.10 SAT

新型COPENとダイハツの新しい歴史が、はじまります。

発売前のCOPENプロトタイプを試乗し、そのインプレッションを参加者とダイハツのスタッフで語り合う。
First Test Driveは、ファンとダイハツスタッフの交流をカタチにした、新しい取り組みです。

日本全国から参加者が集合!

5月10日、快晴。くっきりと富士山を望める箱根に、北は北海道、南は沖縄より参加者が集合!受け付けを済ませた参加者から、タオル、ストラップ、ステッカーなどFirst Test Driveオリジナルグッズをプレゼント。開発者やモータージャーナリストと一緒に走りを味わい、そのインプレッションを語らい同じ時間を過ごす、試乗だけで終わらない特別な1日。いよいよ、ファンとダイハツスタッフによる、新型COPENの歴史がスタートします。



オープニングセレモニー

ターンパイク頂上付近のビューラウンジ2階に設営された、この日のためだけのCOPENサロン。本日、参加者を1日アテンドするダイハツスタッフを代表して、チーフエンジニアの藤下より、開催の挨拶です。

First Test Driveから始まる、新型COPENとダイハツの新しい挑戦。

ダイハツは、お客様に最も近い会社へ。
新型COPENと共に、新しい挑戦を。

スポーツカーに求められるボディ剛性を、骨格のみで確保した「D-Frame」。そこから生まれる創造性に無限の広がりを持つ、内外装着脱構造の「DRESS-FORMATION」。First Test Driveは、この価値とカタチを持つ新型COPENを、少しでも早く皆様と共有させていただきたい。という想いで開催しました。
開会の挨拶では、チーフエンジニアの藤下より、新型COPENとダイハツの新しい挑戦についても触れられました。
「昨年末の東京モーターショーでのコンセプトお披露目以降、買うで終わらない、買うからはじまる新しいお客様とクルマ、そしてダイハツとの関係を作って行きたいと公言してまいりました。」
「とにかくお客様一人ひとりとコミュニケーションし、幅広いお客様にクルマって本当に楽しいとご理解いただけるように、ダイハツはお客様に最も近い会社として、この新型コペンからコミュニケーションを変えて行きたいと考えています。」
新型COPENとダイハツによる、これからの新しい挑戦とアクションにご期待ください。


新型COPENの試乗

プロドライバーの先導により、貸し切りのターンパイクを走行!
快晴に恵まれ深緑の気持ちのよいロケーション。チェッカーフラッグを合図にアクセルを踏み込み疾走する参加者たち。静かな箱根の山にスポーツカーサウンドが参加者の興奮と代わって鳴り響き、フルオープンのコックピットからは、参加者の笑顔がこぼれてきます。

COPENミーティング

新型COPEN開発者の藤下、モータージャーナリストの竹岡 圭さんとテーブルを囲み、新型COPENについて語り合う「COPENミーティング」。参加者は、今まさに体験したばかりの試乗インプレッションについて開発思想を確認したり、これまでの歴代COPENとの違いに関する質問など、気さくな雰囲気の中、会話が盛り上がっていました。「開発者の方とこんなに近くで会話できることに感動」、「自分で走ってみた感想を開発者思想と照らし合わせられるのはいい経験」など、参加者の笑顔が印象的でした。ファンと開発者、モータージャーナリストがひとつのクルマに議論を交わす貴重な体験となりました。


COPEN工房&COPENサロン

車両展示やフォトコーナー、開発時のラフスケッチ、歴代COPENの系譜など。様々な展示物でファンを魅了するビューラウンジ1階のCOPEN工房。

2階は休憩・談話スペースとして参加者とダイハツスタッフが気軽に交流できるCOPENサロン。参加者と新型COPENの開発者やデザイナーが談笑する様子が見られました。ノンアルコールドリンクでの乾杯で開かれたランチタイムでは、参加者と竹岡さん、ダイハツスタッフみんなで、地元ホテル「湯本富士屋ホテル」のお弁当に舌鼓を打ちながら、新型COPENの開発にまつわる思想やウラ話で盛り上がっていました。お弁当箱の中を覗くと、湯本冨士屋ホテルによる粋なはからい、カマボコに刻印されたFirst Test Driveロゴも。普段は会える機会のなかなかないファンと開発者。この機会を思う存分楽しむ笑顔と会話が会場のあちらこちらで見えました。


DRIVERS VOICE
新型コペン First Test Driveを体感した参加者の方々の声をご紹介!

岐阜県 東倉 慶太さん

開発者と直接話せたのは、とてもよい経験でした。クルマづくりの過程を聞いて、その結果を試乗で体感する。なんだか愛着がわきました。乗ってみた感想は、路面に吸い付く感じ。ホールド感がよかったです!

東京都 草野 和徳さん

大人も遊べる、軽らしからぬ新型COPEN。貸切の箱根は、カーグラフィックみたいで気持ちよかったです。ミーティングで交流を持てたのもよかったです!ファンとダイハツでクルマをつくっていくような関係が生まれたらいいですね。

神奈川県 岸上 貴史さん

ハンドルを切ってコーナーへ入るときの安定性が特によかったです。開発者やスタッフから直接、新型COPENへの想いが聞けて、その場で体験できる場はとても素晴らしいと思います。

埼玉県 小鷹 恵里奈さん

多少無理してもグイグイ曲がってくれました。新型COPENを買ったら秩父とか峠を走ってみたいです。ミーティングでは技術者の志に感銘を受けました。

神奈川県 松木 慧さん

走りそのものが普通の軽じゃありえない!アクセルを踏んだ分だけ走る感じで、重厚感のあるドアの音もいいです!こんな天気もよくて箱根で、100点満点です。ランチPartyでデザイナーの方とお話しながら食事できたのも嬉しかったです。

千葉県 渡邊 千恵子さん

こういったメーカー主催のイベントに参加するのは初めてだったので楽しかったです。先代のCOPENに乗っているのですが、新型COPENはスタート時に安定感があると思いました。アクセルを踏むと気持ち良くて、どんどん踏みたくなります!

静岡県 赤堀 康裕さん

箱根に来たのは初めてで、とても気持ち良かったです。新型COPENは、すごい剛性でビックリしました!よくぞここまでスポーツをつくってくれたって感じです。どんどんスポーツを突き詰めていってほしいです!

神奈川県 田代 真由子さん

同じグループのみんなと仲良くなれてよかったです!新型COPENの第一印象は、しっかりしていて、軽っぽくないこと。新型COPENを買ったら湘南の海岸線を走りたいです!DRESS-FORMATIONには、かっこいいだけのスポーツカーじゃなくて、カワイイのにも期待しています!

群馬県 竹内 紗耶香さん

軽なのに走りやすく、特にコーナーの感じがとてもいいです!今日は群馬から電車とレンタカーで乗り継いできました。レンタカーで借りたクルマが軽だったのですが、新型COPENは同じ軽でも大違いでした。新型COPENを買って、また箱根に来たいです。

大阪府 藤崎 太孝さん

ストレスなくとにかく楽しかったです!アイドリングの音も低音でいいですね。新型COPENを買ったら六甲にドライブへいきたいです。オープンにするなら、夜の大阪の環状線をグルグル回るのも楽しいかもしれないですね。

東京都 中村 大輝さん

ハンドリングがしっとりしていて、とにかく剛性がしっかりしている印象。プロのドライバーにターンパイクで同乗してもらえるのはうれしいよね。若い人へクルマの興味を引き付けるDRESS-FORMATIONについても、ダイハツの姿勢を評価できる。

神奈川県 中澤 琢哉さん

先代のCOPENと比べて乗り心地が改善されているように感じました。軽じゃなくて、ひとつ上のクルマに乗っているみたい。箱根はよく来るけど、ターンパイクは久々に来ました。天候に恵まれて、貸切で、最高に気持ちよかったです。

愛知県 近藤 真奈美さん

箱根は風が涼しくて気持ちいいです。最高!普段は先代COPENのMT車に乗っているのですが、それと比べても力強く箱根の坂を上ってくれました。体にフィットするシートも良くて、スポーティな乗り心地です。

大阪府 和田 秀之さん

足回りの剛性感がよくて、あまりブレーキを踏まなくてもしっかりと止まりました。なんだか運転が上手くなった気がしてしまいました。クルマが好きでサーキットを走っているのですが、初めてオープンカーに乗ったので、クルマで遊んでいる感じがしてよかったです。

東京都 山本 進さん

先代COPENと全然違う!剛性感がまるで違いました!まるで普通車に乗ってるみたいでした。走り出しの音もとてもいい。イベントに参加して開発者と話せたことに感激しました。だって、設計の考えを本人から聞ける機会なんてないから。

神奈川県 吉原 英児さん

気持ちよかったです!カーブでどっしりしていて安定していました。セカンドカーとして買うつもりでいます。もう駐車場も用意しています。ワンボックスカーからスポーツカーへ。ワインディングを走ってみたいです!

   

「FIRST TEST DRIVE in HAKONE (2014.05.10)の写真やレビュー」

5月10日皆様本当にありがとうございました。
余韻がまだ残る中、写真やレビューを上げてみようと思います。
皆様もレビューや写真があればあげてみませんか?

  Yuuta Sugimotoさん